オタクこそ婚活アプリを使うべき!おすすめアプリランキング

オタク向け婚活アプリのイメージ

こんにちは!
婚活パーティー疲れしはじめたアラサー婚活女、赤井です。

婚活パーティーって1回で10人ぐらいとしか会えないのに、その10人の中に希望のスペックの異性がいるかどうかって、もはやガチャですよね…。
そんな婚活ガチャに大事なお金と時間は投資できない!!と思ったので、戦場をアプリに戻すことにしました。(前ちょっとだけ使ってた)

婚活チキン
婚活アプリってめっちゃあるけど、オタクでも使えるの?リア充怖い…

今回の記事では、数あるマッチングアプリをそれぞれ使ってみて「オタク婚活にはどのアプリが向いているのか」を調べてみました!

結論からいうと、私はPairsを主戦場に定めました。
なぜならPairsのシステムだと「同じ作品が好き!」な人を見つけやすいからです。
私は共通の話題があれば会話が続きやすいタイプなので、共通点が見やすいことはとても重要です。

また、探している相手の条件が「オタク趣味に理解があれば、好きな作品まではかぶっていなくてもよい」という人には、また違うアプリがオススメです。

というわけでこの記事では「いかにオタク趣味のある異性を探しやすいか」という観点で、主要婚活アプリを比較調査しました!
私の使用レポも交えて、各サービスをオタクにオススメできる順にランキングします。

そもそも婚活アプリってどんなのがあるの?

主要どころのマッチングアプリ(婚活・恋活):

他にもアプリストアで調べてみたのですが、正直いま挙げたアプリ以外は

  • 過疎
  • 運営元が怪しい
  • 婚活というより出会い系

など、そもそもあまりおすすめできませんでした。

オタクが婚活アプリを選ぶべきポイント

では先ほど挙げた5アプリの中で、「オタクが婚活に使うべきアプリ」はどう選べばいいのでしょうか?

※選び方よりいますぐランキングが見たい人は「オススメのアプリランキング」へジャンプ!
(結論だけ先に言うと、1位がPairs・2位がwithです。)

************

私が考える「オタクが婚活アプリを選ぶポイント」は

  1. ユーザーの多さ
  2. コミュニティ機能の使いやすさ

の2つです。
この条件に当てはまる2大アプリが「Pairs」と「with」です。

色々試してみたんですが、やっぱり王道のこれらのアプリで自分と相性の合いそうなオタクを絞り込むと効率がよかったです。

婚活チキン
ペアーズとかウィズってオタク限定のアプリじゃないよね?
一般のアプリってリア充ばっかでしょ?本当にオタクと出会えるの?

確かに私も最初はそう思っていました。
しかし、「人数が多ければそこに隠れているオタクの数も多い」のです。

最近はオタク趣味を隠さなくても叩かれない世の中になってきたので、一般向けアプリの中にもプロフィールやコミュニティでオタクをアピールしている人がかなりいます。

試しにPairsの主要オタク系コミュニティの参加人数を調べてみました。

コミュニティ名 男性人数 女性人数 合計
「オタク系の彼女、彼氏でもOK!!」 32,920 10,947 43,867
「恋人(彼氏・彼女)がオタクでも気にしない」 20,952 8,063 29,015

※2018/03/16調べ

婚活チキン
え、めっちゃオタクいるじゃん!!

もちろん顔出ししながらオタクコミュに入るのを敬遠しているユーザーもいるため、実際はもっと多くのオタクがPairs、withにはいるはずです。

婚活チキン
アエルネとかの婚活「サイト」もあるけど、アプリのほうがいいの?

オタク向け婚活サイトで有名なアエルネは男性会員数24281人、女性会員数12816人、合計37097人でした。(2018/03/16調べ)
さっきのPairsのオタク向けコミュニティ参加者の人数とあまり変わりません。
一般向けアプリではさらに隠れオタクがいるはずなので、実際はもっとオタクがいます。

また、アプリは通知によるリマインドがあったり、マッチング数を上げるためのイベントがあり、サイトよりもユーザーがアクティブになりやすいためアプリの方がおすすめです。
実際、通知が来て思い出すので定期的にログインする人も多いです。

私の体感でも今のところアエルネなどのオタク専門サイトよりもPairsの方がマッチング率が高いです。
また、見た目はリア充っぽいけど実はオタクな人と出会える確率もアプリの方が高いです。
いかにもなオタクはさすがにちょっと…という人は絶対アプリの方がいいと思います。

あと、アエルネは登録時に住所と電話番号の入力が必須なのが結構ネックですね…。躊躇する人多そう。。

というわけで、これらの弱点を乗り越える圧倒的なオタク専門アプリが出てきたら話は別ですが、現状ありません。
それまではPairswithが安定だと思います。

婚活チキン
そもそもさ、リア充ばっかのところでオタクアピールするの怖いんだけど…
婚活ライオン
君は本当にチキンだな!
アピールもせずに見つけてもらえるわけないだろ…!

マッチングアプリは基本的にFacebookの友達には自分のプロフは閲覧できないしくみになってるから、オタクアピールしても大丈夫です!
ブロック機能もあるので、万が一知り合いを見つけたらその瞬間にブロックすればOK。

普段の生活では出会えないオタク異性と出会いたいなら、意思表示はとても大事です。どんどんオタクアピールしていこう。

なお、「どうしてもネットで顔とオタク趣味をセットで公開するのは嫌だ!!」というヲタ友と一緒に考えた、プロフでオタクアピールしなくてもマッチングアプリで戦える作戦もあるんですが、正直すごい大変です…。(これはまた別の記事にまとめますね。)

まずは一般人も好きそうなアニメや漫画のコミュニティ参加だけでもいいので、好きな作品やオタク趣味をアピールしたほうが絶対いいです。

オススメのアプリランキング

前置きが長くなってしまいましたが、本題に戻ります。
ここからはオタクが婚活しやすいマッチングアプリランキングです!

1位:pairs(ペアーズ)


Pairsの1つ目のメリットはユーザー数が圧倒的に多いこと。
ユーザー数はマッチングアプリ業界No1。毎日4,000人が新規入会してるらしい。マジかよ…

記事前半の表でもお伝えした通り、4万人以上がオタクコミュ「オタク系の彼女、彼氏でもOK!!」に入っています。
細かい作品コミュもたくさんあり、それぞれの参加人数も数百〜数千人が多いです。

なお、こういったマッチングアプリの場合、大抵の人は自分の住んでいるエリアで相手探しをしたいので都道府県でしぼりこむことになります。
この絞り込みで人数がかなり減るため、母数は多ければ多いほど婚活のフィールドとして良いのです。
なので人数が圧倒的な強みのPairsが第一候補、ランキング1位になります。

2つ目のメリットは共通の趣味の作品が探しやすいアプリデザイン(UI)になっていること。

Pairsでは好きなものや趣味を登録する「コミュニティ」という機能があります。
次に紹介するwithなど、婚活アプリにはたいていコミュニティ機能がありますが、Pairsはコミュ機能の改善に力を入れているようでとても使いやすいです。

このコミュニティに自分が好きなアニメ・ゲーム・漫画作品を片っ端から突っ込んでおきましょう。
すると、気になる異性のプロフを見たときに自分と共通のコミュニティがブルーの文字になるのでわかりやすいんです!

婚活チキン
なんかいいとこばっかで怖いんだけど…

Pairsのデメリットは、男性だけはメッセージ交換をするのに月額3,480円/月〜かかることです。(女性は基本無料)

婚活は長く続けるとしんどい(※私の体験談です)ので、1(〜3ヶ月)だけやる!と決めて集中的にがんばりましょう。
なお、男性は無料だとやれることはほぼないので、やると決めたらちゃんと課金しましょう。

婚活チキン
えー、お金かかるのはやだなあ~
婚活ライオン
クソガチャみたいな合コン参加→おごりで1万円スるのと、同じ1万円で3ヶ月間、じっくり選んだ女子と何人でも話できるのどっちがいい?
婚活チキン
(察し)

2位:with(ウィズ)




withは一言で言うと、「20代中心でPairsよりは人が多くないけど、その分サポートが厚いアプリ」です。
Pairsと比較した時の負けポイントはユーザーの数だけで、それ以外(共通の趣味がコミュ機能で見やすいなど)はあまり変わりません。

逆に、withにしかないオススメポイントもあります。

  • プロフィール文の作成をサポートしてくれる(順番に入力していくため、完全テンプレにはならない)
  • 診断コンテンツ(女子が好き←重要)が頻繁にあり、ユーザーの呼び戻し効果が高い
    =会員数の少なさを補える=アクティブユーザーが多い
  • アイコンがかわいい(マッチングアプリっぽくないので女性に優しい)
  • 相手の性格傾向からうまくいくメッセージのコツを自動アドバイスしてくれる

弱みを付け加えるとすると、20代が多いのでアラサー以降にとっては戦いにくい、です(笑)

料金体系はPairsと同じく男性のみ有料で、月2,800円。(クレカ決済の場合。クレカが一番安い)
女性は無料です。

なお、メッセージのやりとりには年齢確認書類の提出が必要ですが、ここがめんどくさくてつまづく人が結構います。
すごいもったいないので、登録したら年齢確認まではさくっと済ませてしまいましょう!

3位:タップル誕生

Pairs、withのメリットは好きな作品被りの異性を探しやすいことでしたが、タップル誕生は作品ごとのコミュニティを自由に作れない(運営が立てたコミュニティしか選べない)のがネックです。

そのデメリットを超えるメリットが「ユーザーのアクティブさが非常に高い」ことです。
操作性がTinderに近くて気軽にいいね!できるため、届くいいねの数がPairsやwithに比べてかなり多い印象です。

また、コミュニティの区切りは「マンガ好き」「ゲーム好き」「実はオタクなんです」レベルとかなり荒いです。
反面、pairs、withと違ってコミュニティ内の絞り込み条件が18項目もあるのが強みです。
pairs、withは居住地域でしか絞れませんが、タップル誕生は年齢、年収などの項目で絞り込めるのがすごい魅力です。

ということで、「別に相手が同じ作品のファンである必要がない」という人になら結構おすすめできるアプリです。

逆に「同じオタクでも共通の話題になる作品がない人とは何を話していいかわからん…」という人はタップルはおすすめできません。
相手がプロフィールに好きな作品名書いておいてくれない限り、共通の好きな作品があるかどうかはわからないので…。

ランキング圏外:オタクにはそこまでおすすめじゃないアプリ

使ってみた感想と、なんでおすすめじゃないのかをレポートします。

Yahoo!パートナー

ぱっと見Pairsと変わらないように思えますが、コミュニティ(グループ)参加者のプロフィールを次々見ていくためのUIがひどい…
ので、オタクが婚活に使うにはつらいです。。。

あるコミュニティ内で、気になる相手の詳細画面に移動し、閲覧が終わってリストに戻ろうとするといちいちリストの一番上に戻されます><
同じコミュニティ参加者をどんどん見ていって相手を探したいというオタクにとっては致命的なので、おすすめランキングにはランクインしませんでした。

いいところとしては、こういったマッチングアプリでは珍しく初期登録画面で「恋愛対象の性別」を聞かれます。
(他のアプリは元々インストールしてたので、もしかしたら私が登録した後に同じように聞かれるようになってるかもですが…)

ストレート以外のセクシャリティの人が使えるのは(オタクは関係ないけど)強みですね。

あと、結婚本気勢が使うサービス感が強いです。年齢層としては3~40代が中心かな。

Omiai

一般の婚活アプリ市場では結構評判の高いOmiaiですが、オタク向け婚活においては正直オススメできません。

なぜなら共通の趣味で探す機能が非常に弱いからです。

大前提として「コミュニティ機能がない」は、共通点探しがしたいオタクにとっては致命的です。
コミュニティに似た機能として「キーワード」はありますが、「アニメ」「ゲーム」ぐらいのくくりしかなく、共通点として話のネタにしにくいです。
(「アニメ好きなんですね!好きな作品教えてください」から話を広げられるコミュ力上級者なら十分使えると思いますが、知らない人とチャットするのも勇気がいるコミュ障の私には無理だった…)

まとめ:pairsが安定、20代ならwithもアリ

この記事でお伝えしたことをまとめます。
・婚活アプリにおいて、ユーザー数が多ければ中にいるオタクも多い
・そのオタクの「あぶり出しやすさ」(コミュニティ機能など)が重要
・ユーザー数、使いやすさでナンバーワンはPairs
・ユーザー数は減るが20代が多い・サポートの厚さが魅力ならwithも良い

…と色々言いましたが、どのアプリが合うかは使ってみて自分で判断するのが一番です。
まずは登録して使い倒してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です